ホーム > お知らせ一覧

代表のひとり言

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018佐賀

2018/09/15
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018佐賀
りんどうの会も参加します
 
昨年からルミナリエの点灯前の詩の朗読を
りんどうの会が担当しています
今年も会員の方が、亡くなられたご主人を想いながら
詩を朗読されます
  
概ね午後6時頃になります
太陽が西の空に沈む時に合わせて
ルミナリエのろうそくに火が灯されます
 
そして、それに引き続いて
エンプティーテーブルの朗読があります
RFL実行委員でもありりんどうの会の会員でもある方が
想いを込めて詩を朗読されます
 
皆様方も、この幻想的な時間に「命」を考えて見ませんか
 

イオンイエローレシートキャンペーン

2018/09/11

イオングループが毎月11日に行っている

イエローレシートキャンペーンに参加しました

初めての活動でしたが

一枚のレシートをボックスに入れてくださる方々に

自然と「ありがとうございます」と頭が下がります

レシートを入れて下さった、本当にありがとうございました

 

佐賀さいこう表彰に

2018/08/27

佐賀県が募集している

佐賀さいこう表彰「がん対策部門」に応募しました

表彰の目的としては、直接がん治療やがん患者に関わる項目なのですが

家族や遺族もまたがんに関わる大きなファクターですから

取り敢えず応募してみました

 

サロンに来てみませんか

2018/05/16

サロンには、がん遺族の方であればどなたでも参加できます
亡くなられた方との関係や癌の部位については問いません
遺族としての悲しみや苦しい胸の内を
同じ経験をした方々と語り合ってみませんか
 
また、がん患者の家族の方もお待ちします
私たちも遺族になる前は患者を支える家族でした
家族として患者には言えない辛い胸の内も
私たちは知っています
 
あなたの心を少しでも癒すことができれば幸いです
まずは見学にお越しください
私たちとお話をしてみませんか
参加をご希望の方はご連絡をお願いします

家族(遺族)にも目を向けて

2018/04/14
がんに関する多くの活動で
その家族や遺族に関する活動の少なさには驚愕を禁じ得ません
ましてや、家族や遺族へのケアについては
ほとんどと言っていいほどに語られないことが多いのです
 
勿論、がんに直接立ち向かっている患者の方々の
心痛や不安にどう対応して行くかという
課題に異論を挟むわけではありませんが
患者と同様に、家族・遺族もまた大きな心痛と不安を抱えています
 
緩和ケアにおいては、家族もまたケアの対象と言われています
それを実践されている病院もありますが
現実にはまだまだ家族ケアまで手が回っていないのが現実で
ましてや遺族ケアは、本当に遠い世界に追いやられている感があります
 
また、各地域において「がん」に関する市民活動などが行われていますが
どうしても、患者優先の集いに終始しがちです
 
でも、家族もまた、がんに苦しむ一人なのです
ましてや愛する人を失った遺族の思いは計り知れません
遺族もまずは家族としてがんと向き合うことになります
患者の方々と同様に家族(遺族)にも目を向けていただきたいと思います
 
そこにあるのが、自分の命ではないだけに
家族の患者に向ける思いは、言葉では言い尽くせません
家族(遺族)もまた、苦しんでいることを知ってください
そして、グリーフケアの大切さを知っていただきたいと思います

その日その時

2018/01/28
遺族にとって、その日その時の記憶は忘れがたいものです
その日が近ずくにつれて、カラダのどこかが疼くような思いに駆られます
「心がざわざわと落ち着かなくなります」と言われる方もいて
やはり特別な思いが湧いてくるのでしょう
  
それは、春夏秋冬のどの季節だろうとも変わりなくやって来ます
周りの誰もが知ろうはずもないその時
周りから疎外されたように感じたり
自分だけがどこか遠くに来ているような思いに駆られたり
遺族の心は不安定なものです
  
そんな時にこそ、りんどうの会にお越しください
あなただけのその日その時の思いをお話ください
お電話だけでも構いません
持って行きようのない思いを聞いてくれる仲間がいます
 
その日その時