ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

3月 30th, 2014年

妻に捧げるレクイエム=37=

2014/03/30

どうしようもなく

君の命が終わったことは、頭の何処かで理解していた。

でも、心の何処かでは、それは嘘なんだ

君は寝ているだけなんだと思いたい気持ちが揺らいでいた。

ただ君だけを

ただ君だけのことをどう受け止めたらいいのか

 

複雑な心

とってもとっても悲しいのに

どうしてこんなに静かに君を見ているのだろう

悲しいという感情が全身を包みながらも

何処かに苦しみから開放された君のことを

ホッとした気持ちで見ている僕がいる。

何なんだろう。