ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

3月 9th, 2020年

2月19日緩和ケア症例検討会から ②

2020/03/09

令和2年2月19日

佐賀県医療センター好生館・緩和ケア症例検討会から

遺族の体験発表 ②

平成21年9月30日、5年間の闘病ののち夫は旅立ちました。

副腎がんを宣告されてから、治療方法を自ら選択し納得をして最後まで頑張っていました。5年間の後半は自宅に居て、抗がん剤の副作用はありましたが寝付くことなく、辛さを口にすることなく、生活を楽しんでいる様子さえありました。一分一秒でも長く生きて欲しい・・・本人は勿論、家族の願いも叶わず別れの日は来ました。

 とうとう来てしまった・・・今日なのだと動揺していたのを思い出します。

 亡くしてからというもの、喪失感というか、想像以上のものがありました。闘病中は死後のことなど口にすることは出来ず、頑張っている姿を見れば尚更でした。悲しくて、こんな悲しいことがあるのだと・・いつまで続くのかと、いや自分は正常なのだろうか、大丈夫なのだろうかと思い悩む日々でした。

 本屋の精神医学のコーナーで、自分と同じ気持ちのものはないものかと読み漁る、ニュースで流れる、他のものと悲しみを比べたりと全く気持ちは落ち着きませんでした。

 そんな中、目にしたのががん遺族の会佐賀りんどうの会の新聞記事。最初扉を開けるときは勇気がいりました。代表の「話したくないときは聴くだけでもいいですよ」の言葉に背中を押されたのも確かです。

 その頃は会員の方も少なくて、話の後の静かな部屋が少し重たく感じたこともありましたが、これまで心の中に溜まっていた思い悩んでいたことを打ち明けました。残された子ども達や家族にも言えなかったことを初めて話せる場所でした。それに共感して、私にもあったとうなづいては涙を流してくださる会員の方。回を重ねるごとに今日はあれを言おうこれも言おうと考えている自分がいました。

 仕事の疲れで、今日はもう行くのはやめようと思いつつも足が向いている。帰路は何となく心が軽くなり、行ってよかったと笑顔の自分がいる。

 入会して6年目に入り、これまで様々な活動やイベントにも参加させていただきました。体験発表では多数の方々に話をして聞いてくださったということが、自分の中でとても整理するすることが出来たように思います。

 会員の方からの素敵な言葉、「天国にいる旦那さんに良いお土産話を持っていけるように、笑顔で生きましょう」と。本当に心からそう思う今日この頃です。