ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

4月 11th, 2014年

妻に捧げるレクイエム=41=

2014/04/11

家を出る時

君は2日間を自宅で過ごした。

何も語らないけど、そこに君がいるというだけで

淋しさや悲しさが違った形に見えていた。

子ども達も君を見つめながら何かを語りかけていたと思う。

君が家を出る時、僕は何を感じていたのだろうか。

 

通夜

君の通夜は一面の雪景色。

しんしんと降り続く雪の中にも拘らず、多くの人が来てくれたよ。

息子が編集してくれたスピッツの曲を流しながら

静かに静かに過ぎていったよ。

きっと君も何処かで聞いていてくれたよね。

 

写真 5