ホーム > みんなのメッセージ一覧 > みんなのメッセージ

みんなのメッセージ

ルミナリエ点灯式に寄せて(2018)

2019/10/18

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018佐賀、ルミナリエ点灯式(岩永淳子さん)

 

皆様こんばんは

グリーフケア・サロンりんどうの会・がん遺族の会佐賀会員の岩永と申します

リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀2018ルミナリエ点灯式に向けて

私のメッセージを読ませて頂きたいと思います

どうぞ、聞いていただけると嬉しいです

4回目となるリレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀ルミナリエの前で

メッセージを読むこととなり、一番驚いているのは夫でしょう

今、あなたはどこにいますか?

ここ、ドン3の森に来ているのでしょうか・・・?

きっと木の上にでも座って微笑んでいるような気がします

 

「リレー・フォー・ライフ」この言葉を知ったのは2008年だったでしょうか

翌年に福岡で開催されるという新聞の記事でした

何か気持ちが前に向くような・・

それまで閉じこもっていた心が広がるような予感がしたものです

当時、夫は腎臓の横にある副腎がんと闘って4年が経過していました

元気に働き、スポーツを楽しんでいた日々が突然がんの宣告に生活は一変しました

情報も少ない中、同じがんで戦っている人が居るかもしれない

治療や薬は?自ら病院を探し求めて診断を仰ぐ日々でした

そんな時に目にした記事、リレー・フォー・ライフ福岡

がんの話ができる場所、何度も読み返していました

しかし、一緒に訪れることは叶わず、2009年9月30日旅立ってしまいました

 

翌年2010年9月18日海の中道海浜公園、私はこの日を忘れることはないでしょう

やっと訪れることが出来た、その地はルミナリエが優しく灯り

あちらこちらで笑顔や笑い声が聞こえ、

夫の写真を胸に一人居てもあたたかい気持ちに包まれる場所でした

これまでの事、夫のことをたくさん話しました・・

自分のことのように聞いてくださるスタッフの方に心が打たれました

 

そして、この佐賀の地で開催される様になり沢山の方々との出会いがありました

また、7年目となるグリーフケアサロンりんどうの会

同じ体験をし、それぞれが数えきれない悲しみを抱えていても

思いを分かち合い気持ちに寄り添いながら、少しづつ前へと向いて行くことが出来る気がします

当時学生だった2人の娘たちも自分の居場所を見つけ母となり

去年、父の命日より少し早い9月25日には初孫が誕生しました

良きおじいちゃんになったであろう夫を思う時、またこみあげてくるものがありますが

周りの方のおかげで、ここまで来ることが出来ました

 

最後に、リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀の実行委員であった本島克子さん

また、2011年初めてのリレー・フォー・ライフ熊本の会場で

独り座っていた私に声をかけてくださった、大分のナミヘイさん

7月、8月と旅立たれてしまわれました

貴方がたの優しい笑顔は忘れることはないでしょう

本当に感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました

心よりご冥福をお祈りいたします

 

皆様!ルミナリエに点灯したいと思います・・「点灯」

 

* 次回は2019点灯式の、古賀さんの朗読を紹介します

コメントをどうぞ

 

*