ホーム > 代表のひとり言一覧 > お知らせ

お知らせ

残されたものは

2016/11/21
残されたものは、それでも生きていかねばならない
 
なんと重い言葉だろう
なんと悲しい言葉だろう
 
自分自身が死んでしまった方が楽になれると思っても
まだ自分が守らねばならないものたちがいて
自分の命さえも自分の自由にならない
 
枯れることなく涙は流れ
亡くなっていった者への思慕の念が
いつしか「なぜ」という言葉に変わっていった
生き残ることの辛さを思い知らされた日々
 
それでも生き続けてきた
生き続けてきた今日がある

コメントをどうぞ

 

*