ホーム > 代表のひとり言一覧 > お知らせ

お知らせ

ルミナリエとエンプティーテーブル

2015/05/29

IMG_2408

ルミナリエとエンプティーテーブル

リレー・フォー・ライフはがん征圧を目標にしているので、大会イベントの大きな流れは、サバイバーと呼ばれるがん患者及びがん経験者の方々やその家族を勇気付けるといった性格を持ちます。

しかし、その中に夕方から夜・・特に薄暮にかけて行われるルミナリエやエンプティーテーブルには、がんで亡くなった方々やその遺族といった位置付けも設定されています。

写真は今年の鹿児島大会での写真で、撮影時間は夜明け前の時間なのですが、雰囲気は良く出ていると思います

ルミナリエは、サバイバー、ケアギバー(家族や支援者)、遺族が、それぞれの思いを短い言葉に託して、特殊な紙でできた袋に書き込ます。

その袋にローソクを灯して一晩中歩くコースを照らしてくれます。「がんに負けないぞ」とか「お母さん、僕は元気ですよ」とか、涙が出そうな言葉が多く綴られています。

もう一つのエンプティーテーブルは、がんで命を亡くした方々が帰ってくる場所です。
白いテーブルに白い椅子、白いテーブルクロスに、花が一輪とワイングラスにローソクの灯りです。

そこには、それぞれの人が思い思いに故人を思い浮かべています。
昨年は一緒にリレー・フォー・ライフで歩いた方が今年は参加できなかった・・そんな思いや、遺族の思い、残された者が心に描く「ひと」への思いがそこに集積していきます。

私もまた、鹿児島での時間では、とうとう一緒に来ることができなかった妻へ語りかけました。
また、そういった思いを共有できる、新しい人との出会いもありました。
そこは、ただ単に悲しみだけを思い起こすのではなく、その悲しみを乗り越えて生きていく勇気や元気そして仲間がいることを教えてくれる、素敵な時間と空間です。

コメントをどうぞ

 

*