ホーム > 代表のひとり言一覧 > お知らせ

お知らせ

セカンドオピニオン

2015/05/19

先日書き込んでいました、友人の奥様の乳がんの件です

 

先週に入院・手術と進み、手術後も良好との連絡をいただきました。少しほっとしています。

しかし、ガンという病気の特殊性なのか、気持ちの上で色々とあったようです。

特に、セカンドオピニオンという制度は患者の権利と言いながらも、なかなかに難しいようです。

 

私やその友人の共通の仲間には医療関係者も多く、その仲間の勧めで、セカンドオピニオンを活用したそうです

結果は、最初の医師の所見と同じで、元の病院で手術をすることに収まったのですが

なんとなく、気持ちの問題かもしれませんが、最初の医師の態度が冷たくなったように感じられて

手術を受けることが、とても不安で辛くなったそうです

 

私がよく存じ上げている、相談支援センターの方にお願いして話を聞いてもらいました

最初は不安だらけで涙声だった奥様が、相談後は明るくなられて、しっかりとした気持ちを持たれたということです

制度としては確立されてきていても、担当医師や医療機関の考え方、また利用しようとする患者側など

まだまだ問題は多く残っているようです。

 

妻も、抗がん剤治療を止めた後に一度だけセカンドオピニオンを受けました。

熊本にある放射線治療の専門病院です。

結果は、転移性のガンなので治療はできないという答えでした

一縷の望みを持ちながらも、結果として最後通告を受けたようなショックを感じましたが

今思えば、最初の手術の前にセカンドオピニオンを受けておけば、もしかしたら何かが違ったのかなと思うこともあります。

 

その中でも、患者側に立って相談を受けていただく支援センターの方の存在は大きいですね。

コメントをどうぞ

 

*