ホーム > 代表のひとり言一覧 > お知らせ

お知らせ

明けましておめでとうございます

2014/01/01

明けましておめでとうございます。

皆様方に撮って、今日はどのようなお正月だったのでしょうか。私は、久しぶりに家族が揃って迎えることが出来ました
ここ数年は、妻や親父、義父の法事の時にしか揃わなかった家族が、普通にのんびりとした時間を共有出来たお正月です。

家族の会話の端々には、妻のことも当然ながら出て来ます。「お母さんだったら・・・」と、折に触れて話しが出て来ます。私たちの心の中で、妻は一緒に生きていると感じています。
そして、私のことを気遣って帰って来てくれる子ども達。そう言った子ども達に育ててくれた妻に改めて感謝しています。

昨年から連載を始めた、「妻に捧げるレクイエム」の今年最初の発信は、間もなく2日午前0時にホームページに掲載されます。

コメント / トラックバック 2 件

  1. MKH より:

    初めてお便りします。新年になりましたね。
    クリスマスから年始にかけての世間の雰囲気は、私(家族を持たない遺族)にとっては疎外感と寂しさ虚しさを普段の何倍も感じさせます。

    今の私の感覚は、私が伴侶と二人で人生を歩んでいた時に想像してみたとしても、決して想像できないものです。

    「時薬」という言葉がありますが、今の私にとって「時の流れ」は、良薬(希望)にも毒薬(諦め)にも感じられます。

    今この瞬間も数多くの遺族の方々が、かけがえのない最愛の故人を自身の腕の中に取り戻す方法を探し求めながら生きていらっしゃるのでしょうね。(その方法を実践されている方もいらっしゃるのでしょう)

    貴会に、希望を求める遺族の支えになっていただければ有り難く思い、お便りしました。

  2. 福島龍一 より:

    お便りありがとうございます。代表を務めています、福島と申します。
    まだまだ、暗中模索の中での会の運営ですが、私自身もこの会を立ち上げたことで、心を癒されている独りです。

    お便りを頂き、本当に心強く感じる所です。
    これからも、少しでも遺族の方々の悲しみに寄り添いながら、心の痛みを癒すことが出来ればと思っております。
    お近くにお住まいか、あるいは佐賀までおいでになることが出来ますならば
    是非、本会にお運び頂ければと思います。

コメントをどうぞ

 

*