ホーム > 代表のひとり言一覧 > お知らせ

お知らせ

あなたがいたら

2013/11/27

願っても、どんなに願っても、逝った人は帰りません

その事を受け入れるまでに、どれだけの時間を過ごせば良いのでしょうか

どれだけの涙を流せば良いのでしょうか

愛する人がいなくなった事生活に、慣れると言うことはありません

それは、「もう帰ってこないんだ」

「もう逢えないんだ」という「あきらめ」を享受するしか無いと判るまで

決して、決して、悲しみが薄らいで行く事はありません

 

明日、目が覚めた時に、隣にあなたがいたら・・

 

コメントをどうぞ

 

*