ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

1月, 2014年

記憶の中にあること

2014/01/29

公式ホームページに、妻と私の事を書いた本の中身を少しずつ紹介いています。

少し、先取りで3年前、2年前の事を少しお話ししたいと思います。

 

昨日(28日)が妻の命日ですが、

記憶の中には29日の通夜、30日の告別式も一連の流れとして、しっかり残っています。

29日の通夜の日は、午後から天気が崩れ始めました。

そして通夜が始まる午後7時頃には、一面真っ白。珍しいくらいの雪になってしまいました。

交通機関にも影響があったようです。

そんな中にも、遠くからも友人たちが駆けつけてくれて、本当に感謝しました。

 

翌朝も、その影響があって8時頃までは車も少なく、告別式が心配されましたが、

9時過ぎ頃から太陽が射して、10時前にはすっかり雪も溶けて素晴らしい天気になりました。

 

だからこそ、強く記憶の中に、一つの流れとして残っています。

余談ですが、父の告別式の時には、朝から強い雨が降っていたのが、告別式の前には止み、素晴らしい天気になった事でした。

 

さて、それから1年後の一周忌の時、愛犬のユリが異常と思えるような行動をとって、家から飛び出しました。

どう見ても、妻の気配を感じて、妻を捜していたのだと思います。

 

他の犬に咬まれ、交通事故にもあって、ひん死の状態で保護されていました。

発見された状況を聞くと、よくぞ死ななかったと思える状態でしたが、今は元気になっています。

 

3月か4月にはこの話しが、ホームページに紹介されます。

 

(この書き込みはFacebook版にも掲載しています)

妻に捧げるレクイエム=17=

2014/01/29

転移が見つかった

ラジオ波以降数ヶ月の間の診療は内科だったので

外科での再診察を進められて外科で検査をしたら

肺への転移が判明した

肝臓のガンにも変化が見られて本当に辛い思いをしたよね。

ガンへの怒りが爆発した。

(総合病院における院内連携にも疑問が起きました)

 

帯状疱疹

そんなある日君は痛みを訴えた。

まさかガンが動き出したのかと思ったけど、

それは帯状疱疹だった。

抗がん剤での再治療が始まる頃だったので

体力の低下をとても心配したんだ。

ペインクリニックの治療も辛そうだったね。

特別な日

2014/01/27

誰にでも特別な日があります。

その日は、その人にとってはとっても大切な日ですが

それは、その人だけの特別な日です。

誕生日、結婚記念日・・・などなどと、その人にとっての特別な日です。

私にも幾つかの特別な日があります。

その中で、悲しみに彩られた特別な日が来ます

妻を亡くした日です

3年という月日が流れていったにもかかわらず、悲しみは心に深く

時に流れに逆らうかのように、涙が流れてきます

彼女の写真を見ながら、その声を思い出しています

特別な日

でも、多くの人にとっては普通の日

妻に捧げるレクイエム=16=

2014/01/26

傍にいても

出来るだけ傍にいたいと思って

時間があれば病院に出かけたけど

ラジオ波の処置が終わって出てくる君は

麻酔が未だ強く効いていて話しも出来ないくらいの状態だった。

でも、僕が声をかけると少し頷いてくれたよね。

 

経過観察

ラジオ波治療が終わると

暫くは経過観察に入って、普通の生活に戻って行った。

完治したと勘違いするくらいに元気になって

散歩や映画にも行ったよね。

この頃は僕でさえもう大丈夫かなって思っていたよ。

妻に捧げるレクイエム=15=

2014/01/23

次のステップへ

抗がん剤を止めると

副作用で傷んだ部分も回復に向かったけど

髪の毛だけは時間がかかったね。

肝臓に残ったガンはラジオ波で焼くという説明に

ビックリしながらも

兎に角助かる方向に向かっていると強く思った。

 

ラジオ波

ガン細胞は熱に弱いらしい。

エコー画像を見ながら細長い針で直接肝臓にあるガン細胞に

熱を放射してガンを死滅させるんだって

身体への負担は少なかったけど、やり直しもあって

入院が長引いたのだけはまいったね。

妻に捧げるレクイエム=14=

2014/01/20

抗がん剤の日々

2回目からは通院しての投与になったね。

2週間毎に病院に行き白血球数を検査するけど

結構ドキドキしながら待合室にいたことが思い出されるね。

抗がん剤が投与出来るとなった時には

変にホッとした思いだったね。

 

抗がん剤の日々

本当はもう少し長期に渡って投与する予定だったけど

副作用がきつく白血球の低下も著しかったので

最初の抗がん剤は6回ほどで終わってしまった。

でも、腫瘍マーカーも下がり、肝臓に残ったガンだけが心配の種だった。

妻に捧げるレクイエム=13=

2014/01/17

ポート

抗がん剤は48時間の投与。

毎回血管に直接注射すると血管が痛むので

鎖骨下の静脈にポートという注射針用のアタッチメントを装着する手術をしたね。

でも、後からこの事に関する院内の壁を経験することになったね。

 

抗がん剤の日 初めての日

抗がん剤治療が始まった。

第1回目の投与は経過観察のために入院して行ったね。

三種類の薬液を48時間かけての投与だったけど

一番長い3番目が、風船の様な袋を使っての投与だったので

ちょっと驚いたよね。

妻に捧げるレクイエム=12=

2014/01/14

太郎坊神社

平成20年は、地域の恵比寿会の祭典にも関わっていたけど

その神社の中に祭られていた太郎坊神社は

本殿の右側にある小さな社殿だったけど

「どんな難病でも一生のうちに一回だけは治してくれる」とあった。

祈ったよ。

 

抗がん剤治療

結局は完璧に取り除けなかった肝臓のガンと

顕微鏡サイズのガンに対する治療として

君の体力の回復を待って、抗がん剤を投与することを選んだね。

その後の処置は、抗がん剤の効果を見てから決めると言うことだった。

 

 

1月は悲しい月

2014/01/11

1月は僕にとっては悲しい月です
それは、妻が旅立った月だからです

その日までの最後の時間が思い出されてきます
あと17日でその日が来ます
3年前に僕は何をしていたのだろう
3年前の今日、僕は何処にいたのだろう

写真の中で微笑んでいる妻の顔を見ながら
何かを語りかけています

妻に捧げるレクイエム=11=

2014/01/11

平成19年(独り言)

平成19年は忘れられない年になりました。

年明けに以前から調子が悪かった父がついに倒れて入院。

入院後に認知症が発覚して、精神科の病院に転院。

その父を追うかのように、母も認知症で介護施設に入所。

その夏に、伯母、義母、叔母と続けての逝去。

そしてとどめを刺すかのように妻の病気が見つかりました。

忘れられない、最悪の年でした。

 

副作用に関すること(独り言)

薬の副作用に関して、友人の薬剤師がこんなことを言っていた。

薬には必ず副作用がある。

問題は病気を治す効果と副作用によるダメージの比較で薬を決めると。

副作用によるダメージが大きくとも

元々の病気が治るのであれば、目的の薬を投与すると言うことでした。

なるほど。

 

*本とは掲載順番が異なっています。加筆されています。