ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

3月, 2014年

夢に出て来た妻と愛犬

2014/03/13

夢の中に妻が出て来ました
いろんなことを示唆するような内容の夢でした
内容が複雑で上手く説明出来ませんが
「まだ生きていなければ駄目ですよ」と行った
妻からのメッセージであり、それをサポートしているのが
黒柴のユリ号

何か不思議な夢でしたが、心が騒ぎました
何かの時に、お話し出来ればと思います

妻に捧げるレクイエム=31=

2014/03/12

帰り道

病院からの帰り道は

思わず知らずに沈んでいたんだろうね。

「声をかけて目が合う時は笑っているけど

 それまでは泣きそうな顔だったよ」って言われてしまった。

僕のために、もっと沢山の時間を生きていて欲しい。

 

黄疸

君に異変が現れて来た。

眼底に黄疸が出始めて、腫瘍マーカーが跳ね上がった。

23日に主治医から呼ばれ

間もなく意識が混濁するので近親者を呼ぶように言われた。

不覚にも僕は涙ぐんでしまい、君に怒られた。

妻に捧げるレクイエム=30=

2014/03/09

最後の外食

君が緩和ケアに入院した事は、義父さんには言わなかったので

義父さんのお見舞いにと外出したのが最後の外出になったね。

偶然だったけど、父と最後に食事をしたレストランが

君とも最後の食事場所になってしまったね。

 

少しづつ

君の体力が少しづつ弱っていっている事は判っていたよ。

病室に行ったあと、君は何時も見送ってくれたけど

その歩く早さや距離の変化は明らかに違っていた。

君との時間が残り少なくなって来ている。

3月定例サロンのご案内

2014/03/08

今月のりんどうの会定例サロンに付いてお知らせ。

3月19日 水曜日 午後7時〜です。
会場は、アイ・スクエアビルです。

アイスクエアビルでの開催は今月が最後になります。

4月からは会場が変更になります、改めてご案内致します。

妻に捧げるレクイエム=29=

2014/03/06

緩和ケアに入院して

入院すると不思議なほどに君は元気になった。

暖かい部屋、好き嫌いが言える食事。

病人とは思えないほど元気に明るくなった。

春になったら一度退院しようねと話ししていたね。

ユリも何回かお見舞いに行って、じゃれていたね。

 

IMG_0018

 

 

正月は自宅で

正月は帰省した娘と三人水入らず。

お見舞いに頂いたお肉や僕が作ったスープも

しっかりと食べていたよね。

幸せな時間が流れて行って、本当に君が病気であることさえも

忘れさせてくれるそんな素敵な最後の正月だったね。

 

 

妻に捧げるレクイエム=28=

2014/03/03

入院の決意

君の病気のため、義父さんは介護施設で生活してもらっていた。

心配するから顔を見せたいという君を乗せて

介護施設に向かう時に

緩和ケア病棟から病室が空いたことの連絡があった。

義父さんを見舞った後の帰り道で入院を決断したね。

 

ホスピスへ

緩和ケア病棟は、他の病棟とは違った雰囲気を持っていた。

病棟全体が静かで、スペースにゆとりがあって、明るかった。

病室は個室で家族も泊まる事が出来た。

君の希望で面会禁止にしてもらったね。