ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

2月, 2014年

妻に捧げるレクイエム=19=

2014/02/04

副作用との闘い

投与の期間が長くなるにつれて、副作用は君に襲いかかってきた。

口内炎、手指の荒れ、脱毛。

一番君が苦しんだのは味覚障害だった。

臭覚は正常なのに、口に入れると味がしないという。

食事を怖がって栄養補助食品でまかなったね。

 

ある医師の言葉

君は別の病気でも以前から定期的に診察を受けていた。

そこの医師が君に言った言葉は、

「抗がん剤を続けて風邪を引いて死ぬか

 抗がん剤を止めてガンで死ぬか

 何時か人は死ぬんだよ

 どっちが良いかよく考えてごらん」

妻に捧げるレクイエム=18=

2014/02/01

再び抗がん剤の日

再び抗がん剤との闘いだね。

君も続ける覚悟を決めて、カツラも調達し

長期戦に臨む体制を整えた。

今回は投与する時には入院したので

2週間ごとの送り迎えとユリの散歩が

僕の一番の仕事になった

君は頑張ったよ。

 

朝の散歩で

君が入院するたびに、朝の散歩は

君の病室から見える道を必ず歩いたよね。

君は病室から手を振ってくれたね。

なんとか君を励ましたいけど

他に僕が出来ることが見えなくて

少しは役に立っていたのかな。