ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

1月 29th, 2014年

記憶の中にあること

2014/01/29

公式ホームページに、妻と私の事を書いた本の中身を少しずつ紹介いています。

少し、先取りで3年前、2年前の事を少しお話ししたいと思います。

 

昨日(28日)が妻の命日ですが、

記憶の中には29日の通夜、30日の告別式も一連の流れとして、しっかり残っています。

29日の通夜の日は、午後から天気が崩れ始めました。

そして通夜が始まる午後7時頃には、一面真っ白。珍しいくらいの雪になってしまいました。

交通機関にも影響があったようです。

そんな中にも、遠くからも友人たちが駆けつけてくれて、本当に感謝しました。

 

翌朝も、その影響があって8時頃までは車も少なく、告別式が心配されましたが、

9時過ぎ頃から太陽が射して、10時前にはすっかり雪も溶けて素晴らしい天気になりました。

 

だからこそ、強く記憶の中に、一つの流れとして残っています。

余談ですが、父の告別式の時には、朝から強い雨が降っていたのが、告別式の前には止み、素晴らしい天気になった事でした。

 

さて、それから1年後の一周忌の時、愛犬のユリが異常と思えるような行動をとって、家から飛び出しました。

どう見ても、妻の気配を感じて、妻を捜していたのだと思います。

 

他の犬に咬まれ、交通事故にもあって、ひん死の状態で保護されていました。

発見された状況を聞くと、よくぞ死ななかったと思える状態でしたが、今は元気になっています。

 

3月か4月にはこの話しが、ホームページに紹介されます。

 

(この書き込みはFacebook版にも掲載しています)

妻に捧げるレクイエム=17=

2014/01/29

転移が見つかった

ラジオ波以降数ヶ月の間の診療は内科だったので

外科での再診察を進められて外科で検査をしたら

肺への転移が判明した

肝臓のガンにも変化が見られて本当に辛い思いをしたよね。

ガンへの怒りが爆発した。

(総合病院における院内連携にも疑問が起きました)

 

帯状疱疹

そんなある日君は痛みを訴えた。

まさかガンが動き出したのかと思ったけど、

それは帯状疱疹だった。

抗がん剤での再治療が始まる頃だったので

体力の低下をとても心配したんだ。

ペインクリニックの治療も辛そうだったね。