ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

1月 11th, 2014年

1月は悲しい月

2014/01/11

1月は僕にとっては悲しい月です
それは、妻が旅立った月だからです

その日までの最後の時間が思い出されてきます
あと17日でその日が来ます
3年前に僕は何をしていたのだろう
3年前の今日、僕は何処にいたのだろう

写真の中で微笑んでいる妻の顔を見ながら
何かを語りかけています

妻に捧げるレクイエム=11=

2014/01/11

平成19年(独り言)

平成19年は忘れられない年になりました。

年明けに以前から調子が悪かった父がついに倒れて入院。

入院後に認知症が発覚して、精神科の病院に転院。

その父を追うかのように、母も認知症で介護施設に入所。

その夏に、伯母、義母、叔母と続けての逝去。

そしてとどめを刺すかのように妻の病気が見つかりました。

忘れられない、最悪の年でした。

 

副作用に関すること(独り言)

薬の副作用に関して、友人の薬剤師がこんなことを言っていた。

薬には必ず副作用がある。

問題は病気を治す効果と副作用によるダメージの比較で薬を決めると。

副作用によるダメージが大きくとも

元々の病気が治るのであれば、目的の薬を投与すると言うことでした。

なるほど。

 

*本とは掲載順番が異なっています。加筆されています。