ホーム > 代表のひとり言一覧 > アーカイブ

お知らせ

1月 2nd, 2014年

妻に捧げるレクイエム=8=

2014/01/02

手術の日 ICU

肝臓にあったガンのほとんどは摘出されていたけど

一番深い所のガンと、顕微鏡サイズのガン細胞が存在すると説明を受けた。

まだ、麻酔で眠っている君の傍で考えていたのは

子ども達に、何時どう知らせるかということだった。

 

*注・原本には、子ども達への通知や子ども達の行動に付いても書いていますが、ここでは削除します。

 

入院中のこと

ICUから出る頃には、少し笑顔も戻って来たね。

お見舞いに行くと、食事に付いてくる牛乳など

君が残した物を持ち帰るのも僕の仕事になった。

本当に君は好き嫌いが多くて

冷蔵庫には持ち帰りの物があふれてきたよ。